個人投資家の皆さまへ

日本フエルトについて

日本フエルトは、製紙用フエルトと工業用繊維製品の専業メーカーとして90年以上の歴史をもつ会社です。2017年で創業100周年を迎えます。1917年の創業以来、顧客第一・品質第一の姿勢に徹して信頼を築いてまいりました。

Ⅰ.実は暮らしを支えています

当社の売上高の約8割を占める製紙用フエルトは、製紙会社の抄紙機において使われ、紙を作るのに必要不可欠な存在です。新聞紙も、コピー用紙も、ティッシュペーパーも、段ボールも、製紙用フエルトを使って作られています。目立たない存在ですが、当社の製品は、社会や皆さんの暮らしに役立っているのです。

Ⅱ.積み上げてきた強みがあります

ノウハウの蓄積
製紙用フエルトは約2ヶ月で交換される消耗品ですが、お客様のニーズに合わせ、ひとつひとつオーダーメイドで設計しています。また、製品を納入した後も、きめ細やかなアフターサービスを行うとともに、使用後の製品を分析した結果をもとに改良を重ねています。こうして積み上げたノウハウが、当社の技術力、競争力の源泉となっています。
高い参入障壁
製紙用フエルトの品質は、紙の品質に大きく影響します。日本の紙は世界でもトップレベルの品質を誇っており、製紙用フエルトにも非常に高い品質が求められます。また、お客様のご要望や使用状況に合わせて、迅速な対応も必要となります。そのため、製紙用フエルトの国内市場は当社を含めた国内メーカー2社で支えており、海外メーカーの参入があまり進んでいません。
安定した経営基盤
技術力と競争力を基礎とした安定的な経営により、強固な財務基盤を持ち、連結決算開始(昭和53年)以降、営業赤字となったことがありません。

Ⅲ.これからの持続的な成長へ向けて

製紙用フエルトを中心とした製紙用製品については、国内製紙産業が成熟期を向かえていることもあり、お客様のニーズを的確に掴み、環境の変化に対応した新製品の開発を進めることにより、引き続き国内市場における高シェアの維持に努めてまいります。
一方、中国をはじめアジア市場は今後も拡大が見込まれます。これまで国内で培ってきた高い技術力を生かし、アジア市場への拡販を進めてまいります。また、グループの連携を強化し、台湾・上海の子会社と協力しながら競争力を高めてまいります。
また、これまでのノウハウを生かして、シュープレスベルトやワイヤー等フエルト以外の製紙用製品、環境関連製品であるフィルター等にも注力してまいります。

日本フエルトについて、もっと詳しく知りたい方へ

会社紹介VTR

会社沿革はこちら

事業所・グループ案内はこちら